スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

6月24日(日) 宇都宮エスプリ

永井龍雲 三十年紀行
会 場  宇都宮エスプリ
開 場     開 演4:00PM
料 金 全席自由 ¥4,000(税込)
    当日  ¥4,500(税込)
    ドリンク ¥500(税込)別途必要

主 催 桐生音協、シグナス
発売   3月13日(火)電話予約受付開始
     3月18日(日)一般PG発売開始
     ぴあ(Pコード)・CN・
     ローソン(Lコード34708)・e+



2007.6.24.jpg


Fさんのレポ
宇都宮で開かれた、龍雲さんのライブに、
雨の中行ってまいりました。

席は全席自由席でした。

龍雲さんは、柄の付いた白いシャツと白いスラックスと言ういでたちで登場しました。

この会場、カラオケBOXと隣接されていまして、
洩れて来る音に龍雲さん、とてもやりにくそうでした。

新旧織り交ぜながら15曲を熱唱、
アンコールは2曲歌ってコンサートは終了致しました。

毎回恒例の、CDをお買い上げの方へのサインと握手。
この日もまた沢山の方で行列が出来ていました。


龍雲さんのトーク、いつも何気に面白いのですが、
この日のトークは皆さん大受けでした。
特に龍雲さんが来る時の新幹線の中で一生懸命に
考えたたと言う、ご自身のお姉さま『都(みやこ)さま』
のお話しをされた時は最高に盛り上がりました。

記憶にあるのみ、かいつまんでお話しさせて戴きます
が・・・、
『え~、僕には都(みやこ)と言う名の姉が居りまして、
普段とっても元気なんです。
龍雲さんが「いつも元気だね~!」とかいうと
自身で『いつも元気なみやちゃんで~す』とか言って
本当に元気なんだそうです。
それがある時、何かあったのか落ち込んでいまして
元気がなかったそうです。
龍雲さんが「どうしたの今日、元気ないね~!」
すると、お姉さまは
『そう!元気ないの~鬱(うつ)なの。鬱(うつ)のみやちゃんで~す』
ここで会場大爆笑

何故に大爆笑なのか分かりますでしょうか
この日の会場は宇都宮でした。
すなわち、『鬱(うつ)のみやちゃんで~す』は
『宇都宮(うつのみや)ちゃんで~す』となる訳で
後でご本人、おじ様ギャグに照れていましたが、うけにうけたトークでした。

トーク、他には、
◎明日、散髪に行くお話し。
◎娘さんと一緒にディズニーランドに行くお話し。
◎中澤裕子さんのバースデーのイベントに出席したお話し。
◎カラオケのお話し。
◎中村 中さんの『友達の詩』に感動した話。
そして、6/8(金)放送の金スマに出演の中村 中さんにも感動したそうです。
◎江古田マーキーも30周年を向かえるということ。
◎今後のコンサートのお知らせ。
などなどでした。

龍雲さんの事ご存知ない方が多く
叙情的な歌の好きな方には是非聴いて戴きたく思う今日この頃です。

幼い頃、姉の影響で御三家の、特に橋幸夫さんの声と歌い方を良いな~!と思い。
その後、弟の影響で、拓郎や揚水に夢中にもなりました。

そして、この家に嫁いで少し経ち、郷が恋しくなった頃
ラーメンのコマーシャルソングに使われていた龍雲さんの
『星月夜』と言う曲に出会いました。
その時の衝撃は今でも忘れません。
もうどれ位の月日が流れたでしょう。

正直いつも、機会があれば色々なアーティストの方の歌を聴きます。
そして、勿論、素適なアーティストの方に沢山出会いました。
・・・が、現段階では、自分と一番相性の合う歌を歌ってくださるアーティストと思っています。



01.永遠への船出(とわへのふなで)
02.昔(Once upon a time)
03.うりずんの頃(坂本冬美さんへの提供曲)
04.うらら(元モーニング娘 中澤裕子さんへの提供曲)
05・想い(龍雲さんデビュー曲)
06・待ちぼうけ
07・つまさき坂
08.雨だれ
09.当世酒場唄
10.イサム
11.夢のふる郷
12.お遍路
13.ルリカケス
14.暖簾
15.鳥のようなもの
アンコール
道標ない旅(しるべないたび)会場の皆さんと大合唱
激流





t2007.6.24.jpg

スポンサーサイト
2007-06-24(Sun)
 

6月23日(土) 鎌倉歐林洞ギャラリーサロン

湘南SPECIAL LIVE 2007
~あじさい~ Vol.6

開 場 16:10  開演 16:30
会 場  鎌倉 歐林洞ギャラリーサロン(Tel.0467-23-8838)
料 金  5,000円(ワイン・紅茶・お菓子付、税込)
※整理番号順入場制
一般発売  2007年3月31日(土)
チケットぴあ(Pコード 253-000)
ローソンチケット(Lコード 37446)
【お問合せ】 キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999




1.季節の便りに
2.昔(once upon a time)
3.六月の花嫁にあこがれ
4.Lovely you
5,うらら
6.京都のうた(タイトル不明)
7.鎌倉のうた(タイトル不明)
8.永遠の船出
9.雨だれ
10,桜桃忌
11.ふるまい酒
12,哀咽 
13.七色孔雀
14,星月夜
15.激流
~アンコール~
16.友と語れば
17.鳥のようなもの

京都の歌 鎌倉の歌 は
「一般旅行業務取り扱い主任者資格を生かして
みなさんを叙情の歌の旅にお連れしましょう」
という龍雲さんのご案内による企画でございます。

京都の歌を関東で歌うのは初めてだそうです。

屋久島ライブ、屋久島観光の思い出も話してましたよ。
次回は縄文杉まで行きたいとおっしゃってました。

t2007.6.23.jpg

2007-06-23(Sat)
 

6月19日(火) 中澤裕子バースデー ゲスト出演

中澤裕子
2007 BIRTHDAY LIVE 魔法のプレッシャー!
今年もやります∞スペシャル   

出 演 :中澤裕子
会 場 :ZEPP TOKYO
     東京都江東区青海1丁目パレットタウン
     03-3599-0710 / 03-3599-0711)
料 金 ;一般席・ファミリー席¥6,300 ※消費税込み ※全席指定
問い合せ: オデッセー 03-3560-3930

龍雲さんはゲスト出演
2007-06-19(Tue)
 

6月11日(月) 鹿児島 市民文化ホール

開 演:6:30PM 開場:6:00PM
会 場: 鹿児島市民文化ホール 市民ホール
料 金: 全席自由(整理番号付) ¥4200
発売日: 2007年3月18日(日) Pコード:251-196
問合先:鹿児島音協 099-226-3465



2007-06-11(Mon)
 

6月10日(日) 屋久島離島開発総合センター

開 演 :4:30PM  開場:4:00PM
会 場 :屋久島離島開発総合センター
料 金 :全席自由・3000
発売日 :3月10日
Pコード :253-872
問合せ :屋久島で龍雲を聴く会 日高 090-5089-5232
       鹿児島音協099-226-3465



akemiさんのレポ

ご報告が遅くなりました。念願の屋久島Live無事終了しました。

『とりあえずは200名!』を目標に始めましたが、 中々近づけず、不安ばかりの日々。 一ヶ月前から宣伝カーで龍雲さんの曲を流し、直前にやっと 260 を超え何とか目標達成でした。
当日は 『晴れ男、龍雲』の言葉通りお天気に恵まれ、アイビーさん始め、島外、遠くは県外からも参加頂きました。
アイビーさん、お声かけて下さり ありがとうございました。

Liveでは 龍雲さんの歌は初めてと言うが半数近くでしたが、あのノビのある声の熱唱の連続に 吸い込まれるように魅了されていく様子が見てとれました。

終盤のMCでは 屋久島Liveの経緯を私の名前を入れて話して下さり、思いがけないことで 嬉しくて涙が止まりませんでした。

終了後、初めての方々も CDにサインを貰って満足気な様子。
『Live、よかったよ~』 『素晴らしかった!』
『人生観変わった!』
『長い間、お疲れさま』
など言葉を掛けて頂き
本当に嬉しかったです。

屋久島は初めてと言う龍雲さん、打ち上げ後、宿に戻る途中、野生のシカを見れたこと、波の音聞きながら見上げた満天の星空に、感激したと言ってました。

『また屋久島でLiveやりましょう』と約束して下さいましたので、次は 500 を目指したいと思います。

さて 大牟田、屋久島、鹿児島の曲のラインナップはいずれも似たようなものですが、それぞれの会場で 3~4曲は違うのを入れてありましたね

屋久島の方々に好評だったのは 『ルリカケス』だったようです。
お母さんを想う龍雲さんの優しさと、『島』に住む者として 心惹かれるものがあったのでしょう
中には 毎日CDを書きながら泣いてる・・と言う方もいらっしゃるようです。


2007-06-10(Sun)
 

6月9日(土) 大牟田文化会館

永井龍雲 LIVE2007  ~三十年紀行~

会 場: 大牟田文化会館 小ホール
開 演: 5:30PM 開場:5:00PM
料 金: 全席自由・¥3500  当日券4000
発売日: 2007年1月9日(火)
    チケットぴあ : (Pコード249-505)
     ローソンチケット: (Lコード82674)

企 画  FFA
制 作  サイキ
協 力  エンタ
問合せ  友と語る会 090-9070-4718 平日 9時~18時



龍雲さんの歌を聴くために集まった、500人以上の人。
そして、いつにも増してよく伸びる、龍雲さんの歌声。

大牟田は
「デビュー前に森田童子さんのコンサートで前座をした」
という思い出のある地だそうで、
懐かしく話をされていました。

主催された方々の思いと、龍雲さんの30周年への思いが重なった、
とても心に迫ってくるコンサートでした。


捨て猫さんのレポ
大牟田、行ってきました。
詳細はそらさんにまかせちゃおうかな(笑)

会館は立派なもので、少し風が強かったものの
雨も降ることも無く、良い天気でした。

コンサートも大成功で、主催者のSさんも大感激
の入りで、後の懇親会の席での挨拶でも、うっすら
目頭が濡れていました。

でもね、ゆうゆうさ~ん、山口でもコンサート
開きたいとあすかとも話してはいるものの、大変
なことだとつくづく感じたしだいです。

大牟田も願わくば定例化できると嬉しいのですが・・・。

追伸
昨日、ちょっと浮気をして、博多で坪さんのコンサート
へ、そこでね、龍ちゃんの話が沢山でました。
和人さん、二郎さん共々龍ちゃんの周りに良い
仲間が多くて幸せだなぁ・・・って思っちゃいました。

ゆみこさんのレポ
遅ればせながら私も報告です。

そらちゃん、捨て猫さん、そのほかたくさんの方にお会いできて本当に感動的なコンサートでした。

主催者のSさんの細やかな心遣いには私たちだけでなく龍雲さんもステージの上で経緯を話してくださり感激したのはあの日のすべての人でした。

捨て猫さん、Sさんの涙は薄っすらどころかボロボロでしたよ。

わたしは九州のライブは今回で3回目ですが、龍雲さんの生まれた地元でのライブの熱さには感動ほかないです。

わたしも近くに来ていただきたいと思っていますが
捨て猫さんと同じようにあの熱い想いはとても得られないと思っています。

九州はほんとうに熱いです。

曲目 (そらさんありがとう)

笹舟
うりずんの頃
愛し愛されて
想い
待ちぼうけ
つまさき坂
同窓会
親愛なる友よ
哀咽
夢のふる郷
お遍路
屋台
暖簾
鳥のようなもの

道標ない旅
激流

アンコールは、「なんでもいいんですけどね」
で、1曲目は会場からのリクエストから 道標ない旅
2曲目、また「何でもいいんですけどね」
会場から、たくさんのリクエスト
「収拾がつかなくなったので、用意していたのをやります」
ええ~~?!でも、   とてもよかった。

激流、生で初めて聞きました。
すごかった。


2007-06-09(Sat)
 

6月3日(日) 奄美フェスタ(ゲスト出演)

奄美フェスタ 
癒しの島から愛を込めて~若者魂(ねせまぶり)

開 場  11:30 開 演12:00
会 場  豊島公会堂
出 演  朝崎郁恵 里アンナ 大山百合香
     禎一馬 ティダ doki doki 徳原大和
     ゲスト  永井龍雲
     司 会  丸野清/前泊祐香

料 金  前売り3000円/当日3500円
企画・主催 東京奄美会青年部  


p2007.6.3.jpg




2007_0603_JPG.jpg会場に着くと公会堂の手前の公園では奄美物産展が開かれていてお客さんがたくさんの大盛況でした。
何か飲みたいな。。 食べたいな・・・と
思っているうちにお友達と会い食べそびれ(笑)


2007_0603_0JPG.jpg
物産展にはコンサート出演者のCD即売のテントがあり龍雲さんのCDも「親愛なる友よ」「三十年紀行」「沖縄物語」が並んでいました。


2007_0603_031733AA.jpgコンサート会場の豊島公会堂

2007_0603_155333AA.jpg


龍雲さんの出番です。
♪うりずんの頃

龍 今日は奄美出身のアーチストばかりの中自分は
  母親が奄美出身で奄美の血が半分だけど
  それでもいいでしょうか? 

  今日は来ていきなりステージでリハーサルを
  やらせてもらえなかった・・
  30年やってるけどリハーサルがないのは
  初めて これも島のアバウトさなのかな?

名刺代わりに
♪暖簾

お母さんが昔よく歌っていた三沢あけみさんの
♪島のブルース

歌い始めると客席からは生の指笛が聞えてきて
臨場感たっぷり!
三沢さんのレコードにも指笛が入っています。
以前、因幡さんとのジョイントコンサートで
それぞれの歌のルーツを語って歌った時に
龍雲さんが歌ったことがありました。
今度はフルコーラス聴けて嬉しかった!

奄美を想って作った歌

♪昆崙花

♪茜草

ここでラストの曲と紹介したものの・・・・
歌い始めようとしたら「延ばせ」の指示
最後に歌う「ルリカケス」のバックで
奄美の写真を流す企画だそうなのだけど
準備に手間取っているようで・・・

でも、手間取っている割には全然焦りの
様子がうかがえないのもおおらかさでしょうか?
もっと延びろ~~ と内心は願ってました。

龍 喋っててももったいないから1曲やろうか?

会場から「デビュー曲!」のリクエスト

龍 デビュー曲 想い 知ってる?
  じゃやろうか

と言って歌いだしたら 
  ~かんぱ~~い いま (長渕さんの) をい!

龍 正直に答えてくれていいので、永井龍雲の歌を聞くのは
  今日がはじめてだと言う人 拍手して

    大きな拍手

龍 割れんばかりの拍手 ありがとうございます うるさい!(笑)
  聞かなきゃよかった・・・

そのうちに「1曲やれ」 の指示

話しながらふと思いついてテレサテンさんに書いた

♪愛し愛されて   (おお もうけた!)

やっと画像の準備も出来たようで最後に
♪ルリカケス

ステージのスクリーンには写真家山中順子さんが撮影した
奄美の風景、0歳と100歳以上の方たちの写真が
映し出され、歌詞に合わせて構成された映像が心に響いてきました。
久慈の入り江、海辺を走る おてんば姿 の少女 
100歳を超えるおじいちゃん おばあちゃんの笑顔
お風呂で気持ちよさそうな生まれたばかりの赤ちゃん
ラストシーンは向かい合った2羽のルリカケス

つい見入ってしまうと歌がBGMになりそうで葛藤でした。

客席の目で見た奄美をバックに歌う龍雲さんが歌う姿
そのままを映像に残せたらいいのになぁと思いました。

 
リハーサルで声を出していなかったせいか
歌唱としてはイマイチだったかな? という気も
しないではありませんでしたけど、リラックスした
雰囲気のまま終わったのもそれなりによかったのかな?

会場は島出身者の方々の同窓会で普段のライブとは
全然違った雰囲気で貴重な体験ライブになりました。

龍雲さん以外の出演者は去年行った島唄ライブとは
また違って、奄美出身アーチストによる現在の音楽シーン
を聞くことができました。
でも、おばさんはラップはやっぱ苦手だ~^^

ラストの六調(沖縄のカチャーシーのような 会場全体が
踊って盛り上がる)の時には龍雲さんの姿がなく残念。
龍雲さんの踊りも楽しみにしていたんだけど・・・

コンサート終了後は物産展のCDコーナーでサイン会。
なが~い列が出来ていて嬉しかったです。
今日、初めて龍雲さんの歌を聴いた方もたくさん
買ってくださってたようです。

2007.6.3.jpg
2007-06-03(Sun)
 
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スケジュール
全記事(数)表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
(^_-)-☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。