スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

11月30日~12月2日永井龍雲 TOUR in OKINAWA

Run!RyuUN!Run!
沖縄SPECIAL LiveとNAHAマラソンの旅


11月30日(金)
bus.jpg空港にお迎えに来てくれたバスです。
女子高生がバスを見ては「おいしそう~~」と指をさします。
目立つ~~!






20071204135248.jpg首里城見学 
バスを降りて守礼の門に向かって歩いていくと
なんと琉装姿の龍雲さんのお出迎えにビックリ!!
記念の集合写真撮影後、私たちは見学
龍雲さんはライブ会場へ。


wc.jpg
首里城内のトイレの洗面台
龍の蛇口 洗面器にも絵が


Welcome Live @ Cafe Terrace Nirai

nirai.jpg 2007.11.30nirai.jpg


写真左はカフェテラス入り口 
  右上 バーカウンターの真上ではソファーに座った龍雲さんが練習しています。
  右下 到着した時のステージ テーブルは夕食用
     ライブの時はテーブルをどけて椅子を並べてくれました。
              
1日目のライブ会場は北谷にあるCafe Terrace Nirai。
添乗してくださっているキャピタルのoさんが車中で
「夜景が見えるおしゃれなカフェテラスでのライブ」と紹介くださり
聞いていたとおり、素晴らしいロケーションのライブスポットでした。

私たちが観光している間に、先に着いて準備しているはずだったのに
下道を走った龍雲さんたちは、思いのほか時間がかかってしまい、
ツアーバスは高速で来たために、着いた時間がほとんど変わらなかったそうです。

ライブが始まる前にバイキングの食事。
今日は無礼講でいいよ とラフな龍雲さんでした。
みんなが食事をしている間に、龍雲さんは2階で
リクエストのチェックと練習をしていました。

食事が終わり、テーブルを片付けてイスを並べ
ライブスペースに模様がえ。

ライブスタート 
龍雲さんは眼鏡をしたままで、オールリクエストに備えて
いつもは置かない譜面台に持参の龍雲全曲集。

まずは1曲目は沖縄ライブということで

てぃんさぐぬ花

参加者が書いたリクエスト用紙のコメントを読み上げながら
唄うかと思えば却下!
「あ、これいいね 唄ってみようか」と唄い出したり
コメントにオチがあって「こんなんばっかり!」と
笑いを誘います。

みなさん、思い入れのあるリクエスト曲の中で、私が
譜面を添えてリクエストした中村中の「友達の詩」は
思い切り却下!
リクエスト用紙を丸めて捨ててしまいたい 大きなお世話
とまで言われてしまいました~~ (予想どおり)
以前のライブで「珍しく歌っていたくなった歌」って言ったので
ど~しても聞いてみたかったんだけど。

曲目

島風詩想
夢なる世界
往来
ラブリーユー
僕は常夜燈
あの頃
挙動不審
心象風景


<ビンゴゲーム>
キャピタルビレッジさん、「れんと」の大島開運酒造さんから
いただいたプレゼントの景品を並べて、ビンゴした順に好きなものを
選んでいきますが、荷物にならないようにとTシャツが
一番人気でした。

私は家の時計がちょうど壊れたところだったので時計が当たれば
いいな~と思っていたのに、いざビンゴして前に出たら
目の前にあった「れんと」に手を出していました。(どじ)

龍雲さん「こんな盛り上がらないビンゴも珍しい・・」あはは

最後は、やはり沖縄ということで
万国津梁の詩

帰りは出口で一人ずつ30thAnniversaryのリストバンドを
プレゼントしてもらいました。
これはこれからコンサート会場でも販売するのではないかな?

バスが停めてあるところまで歩いて行って
龍雲さんにバスを見送ってもらいホテルへ戻りました。

12月1日(土)

DSCF0336.jpg今日は普通の観光バス
集合時間には龍雲さんも自家用車で到着。
一緒にバスに乗り込んでくれました。

楽しいバスガイドさんも付いてくれました。




まずは世界遺産に指定された勝連城跡へ。
DSCF0344_edited.jpg


バスを降りると、てっぺんまでは歩いて登るそうです。
内心、行けるのか~~?と不安でしたが・・
歩いてみればなんとか行けるものでした。

上まで登ると360度の視界!
すばらしい絶景で、そこで記念撮影!
この記念撮影がお見事! で
キャピタルの社長さんが、着ていたジャケットを脱いで地面に広げ
「カメラを置いてください」
みんなが集合写真のポーズをとっている間に、次から次へと
33台のカメラで撮っていきます。
その鮮やかなことといったら! 

勝連はガイドさんですら3年ぶりというくらいで
観光ルートからはちょっとはずれているので穴場だそうです。
本当にいい所に連れてきていただきました。

昼食会場の松風苑に着いて、龍雲さんは先にライブ会場へ。
この松風苑は、ウルトラマンの脚本を書いていた金城(?)さんの
実家だそうです。
離れに金城さんの書斎があって、見学させていただきました。

ちなみに、私の育った町には円谷プロがあって、学校帰りに
ウルトラマンや怪獣の着ぐるみが干してあるのをよく見たものです。 (おっと脱線)


DSCF0366.jpg松風苑の昼食

昼食後、翌日のマラソンの応援ポイント「ひめゆりの塔」へ行き
ミニ見学をしてからライブ会場へ。

Special LIVE @TOP NOTE

DSCF0373.jpg   
DSCF0374.jpg   DSCF0375.jpg

地元の飲み友達(?)に「そういえば龍雲の歌をちゃんと
聞いたことがない」と言われ、それならばと
このツアーの企画と一緒に企画されたコンサートだと
経緯を話してくれました。
約100名くらいのライブでしたが、龍雲さんの歌は
初めてという人も多く、お披露目メニューといった感じでした。


MCはあまり多くなくて軽く曲の紹介をしながら
トントンとすすみました。

風の囁き
うりずんの頃
愛し愛されて
星月夜
想い
つまさき坂
同窓会
親愛なる友よ


西田敏行さん主演ドラマの「浅草ふくまる旅館」の挿入歌。
先日、甥の結婚式があってこの宣伝をしたら
次の週に流れなくって。。

今度生まれて来るとしたなら

今度「フォークの達人」に出演することになって
沖縄で収録するので、来てください。
ただ、「暖簾」を歌うと「演歌の達人」になってしまうので
この曲はゲストのミヤギマモル君に歌ってもらうつもり。
ミヤギマモル君は「暖簾」を歌ってNHKのど自慢で沖縄代表になり
全国大会に出た  と紹介。

暖簾

島の女性を唄ったうた
茜草
夏の蝶
ルリカケス
道標ない旅


アンコール
なんと!かぶり物をして出てきました。(やめて~)
楽屋に置いてあったそうなのですが・・・

会場に来てくださっていた杉田二郎さんがステージへ 。
龍雲さんの歌に感激したと、龍雲さんと抱き合ったと思ったら
泣き出してしまいました。
龍雲さんを弟分とかわいがってくださり
実は昨年、実の弟を亡くしたのだとも・・

龍雲さんはステージの上に腰を下ろして一緒に聞いていました。

おいで僕のベッドに

二郎さん MC
1970年大阪万博の時に「戦争を知らない子供たち」を
北山修氏と作った。
この歌は賛否両論あって、北山氏は詞を書くことをやめて
精神科医に専念。
僕も歌うことを1年ほどやめていた。
ある時、コザのコンサートに呼ばれ「戦争を知らない子供たち」が
大合唱で受け入れられて、やっとこの曲の重縛から開放され
また歌い始めた。
沖縄では僕に賛同してくれた佐渡山豊が、意志をついで
歌ってくれている。

今夜は二郎さんと龍雲さんと一緒にこの歌を唄いました。

戦争を知らない子供たち

二郎さんがステージを降りて龍雲さんが最後に

鳥のようなもの

t2007.12.1.jpg

(抽選でいい番号をいただけました)

つづく
スポンサーサイト
2007-11-30(Fri)
 

11月18日(日)福岡アーリービリーバーズ

会 場:福岡アーリービリーバーズ
開 演:17:00 開 場:16:30
料 金:4500円 当日券:5000円
発売日:9月8日(土)
問合せ:アーリービリーバーズ092-738-7337    
    サイキ
主 催:アーリービリーバーズ




みさとさんのレポ
車窓から 色付き始めた山々を眺めながら、天神アーリービリーバーズ行ってきました♪
☆曲目
 悲しい時代に
 ヴィオロンの風
 人の四季
 青春の街
 想い
 つまさき坂
 夢の灯り
 今度生まれて来るとしたなら
 屋台
 暖簾
 夏の蝶
 蒼穹
 ルリカケス
 星月夜
 鳥のようなもの

(アンコール)
 ひと握りの幸福
 道標ない旅
 激流

☆MC
曲目メモってる方に「メモとってるの?で、チャットに流すの?」って
「少しだけ」って返事に
「チャット(ちょっと)だけね」ってギャグ。。。鈍い拍手したら
「拍手の仕方がオバチャン」って返されてしまいました。

スカイプのお話も 聞いてたけど面白かった(^^)
「スカイプってわかる?みんなついてきてね。MACって言ってもバーガーじゃないから」
アンコールで登場の時 なぜか右手を懐に
「アンコールに応えようと思ったけど、手がこんななっちゃってギター弾けない!」
出した右手の親指にはマイクの先っぽ(丸いアミアミの)が・・・
満足そうな龍雲さん、「リクエストは?ない!あ、そう」って 早いよ!
それでも頑張って4、5曲 声かかったけど もちろん却下

ガンバロ~三唱もやりました。
マラソンのトレーニングも順調との事 記録が期待できそうな予感だそうです。自己ベスト出るといいですね。
 でも無理はしないで下さい、龍雲さん(^-^)

2007-11-19(Mon)
 

11月17日(土)くにみ山麓音楽祭2007

開 演:6:00PM  開 場:5:30PM
会 場: 佐世保市世知原地区生涯学習センター 体育室
料 金: 全席自由・2500
      中学生以下は保護者同伴に限り無料
発売日:9月20日(木) Pコード:271-818
出 演:Sandy Trip/永井龍雲/他

問合先:[ピクニック]092-715-0374





2007-11-17(Sat)
 

11月11日(日) 新潟 gioia Mia(ジョイアミーア)

開 場:15:00   開 演:16:00 
会 場: 新潟 gioia Mia(ジョイアミーア)
     新潟市中央区東堀通7-1016-1  
     東堀パーク600-1F 025-224-2588
料 金:全席自由  ¥4,500 ドリンク代¥500別
主 催: FOB企画 問合せ: FOB新潟 TEL 025-229-5000



2007_1111AB.jpgDSCF0320_edited.jpg



DSCF0322.jpgフラットなフロアーだけどスペースのあるステージ
高さを出すためか、龍雲さんのイスがとても高くて足載せが用意
されてました。

2007.11.11joi.jpg


客席はテーブル席でゆったりと見ることが出来ましたが、
私にはイスが高すぎて足が届かないよ~(泣)

髪がずいぶんと伸びたみたいで前髪をうるさそうに
してました。
切ってからまだ3週間なのに~

1悲しい時代に
2人の四季


3年前に新潟に来たその直後に中越地震が起きて
その時に、浜松でそれを知って新潟の知り合いの
イベンターさんに電話した覚えが・・

このお店 とてもいい感じで、毎年でもやりたい。
ところで店の名前「ジョイアミーア」ってのは
どんな意味? とお店の方に訊くと
イタリア語で「大切なもの」だそうで
龍雲さん、客席ともども ほ~~ と感心。
いい名前ですね。

3ヴィオロンの風
  家庭事情のお話を少々
  「説明してられないのでライブに足を運んでください 」
  恒例の会場リサーチ
  「この中で離婚した人 手をあげてください」
  こんなリサーチは初めてかも?

4想い
5つまさき坂
  
  CD DVDの宣伝
  その延長で、娘さんたちにiPodを買ってあげたこと
  スカイプがやっと見られるようになったこと
  (おめでとう!! 龍雲さん 嬉しそうでした)

6同窓会
7親愛なる友よ
  
  ふくまる旅館のこと

8今度生まれて来るとしたなら
10ハートブレイク~酔いにまかせて~
11暖簾
12夢のふる郷
13夏の蝶
14蒼穹
15ルリカケス
  
  NAHAマラソン 青島太平洋マラソン
  フォークの達人

16鳥のようなもの
アンコール
  出てきて、「いんちきなアンコールの制度は
  いつから出来たんだろう?」 と・・

ガンバロー三唱
17道標ない旅
18激流



2007-11-11(Sun)
 

11月10日(土) 東京芸術センター 天空劇場

奄美・徳之島ちゅ企画
永井龍雲コンサート07

開 場:15:00  開 演:16:00
会 場: 東京芸術センター21F天空劇場
     東京都足立区千住 03-5354-4388
料 金: 全席指定 前売り4.000円 当日券4.500円
発売日: 7月22日(日)
出 演: オープニング唄者 RIKKI 貴島靖男
主 催: 奄美・徳之島ちゅ企画   
     「永井龍雲コンサート07」実行委員会
問合せ: あまみんちゅドットコム事務局 03-5466-7441
     36年関東亀徳会事務局
     米里 0279-96-1264  090-5440-1394



img011.jpg


tennku.jpgtenku.jpg

東京芸術劇場入り口           21F天空劇場入り口

晴れ男(?)龍雲さんのライブというのに朝から雨・・・

北千住の駅を降りて商店街を抜けると、そこだけ異空間のように
近代的な21階建てのビル東京芸術センターがそびえていました。

エレベーターで21階まで昇ると、そこは大きなガラス張りの
展望室になったロビー。
晴れていたらきっと絶景の眺望だったと思います。
雨でもそれなりの風情がありましたけどね。

tennkuu.jpgホールもとてもきれいでした。
ライブハウスもいいけれど、やっぱり龍雲さんには
ホールでやってもらいたなぁ って思います。


このコンサートはタイトルにもあるように、奄美の方たちの
主催による奄美の方たちが集うコンサート。
昨年は、坪山豊さんをはじめ奄美、徳之島の唄者さんたちが
来てくださり、島唄初体験をしました。
そして、龍雲さんもゲストとしてその1枠で歌ってくれましたが
今年は龍雲さんがメインのコンサート。

まずは、奄美から来てくれた貴島康男クン(さんよりもやっぱりクンて呼んでしまいます。)と
RIKKIのステージ。

奄美の島唄は、意味はわからないのに
聴いていてなんとももの哀しい。

メインの龍雲さんの前に盛り上がりすぎてもの
配慮で、手拍子が入る曲も1曲だけと抑えぎみ。
お二人で30分弱唄ってくださいました。

そして、龍雲さん登場。

うりずんの頃
人の四季

  今日は島の唄を中心にやるので「桜桃忌」とかリクエストしないように。
  と最初からクギをさす龍雲さん。
  しませんってば~~(笑)

茜草
  ここで古寺ななえさん登場 ピアノのサポートをしていただきます。
  ななえさんのサポートはこれで4回目。
  古寺さん、都留さんも「フォークの達人」の収録で
  サポートしてくださるそうです。
想い
つまさき坂
道標ない旅
血の河 


  ここでサプライズゲストに平浩二さんを紹介!
  ポスターにも載っているのに どこがサプライズか?
と突っ込んでました。
  そして平浩二さん 上下真っ赤な衣装で登場!
  圧倒されました その赤に。

  龍雲「そんな服どこで売ってるんですか?」
  平 「錦糸町」

  そのやり取りが面白かったです!!
  歌詞の中に「赤い服」と出てくるので赤い服を作ったそうです。
  平さんから曲の依頼があって、「島の女」を作った時に
  「マニアックな唄ですいません」と渡したそうですが、
  平さんも偶然にもご両親が奄美の方でびっくりしたそうです。

  そして、客席を見わたして
  平さん  「僕のコンサートより年齢層が若い!」
  龍雲さん 「これでですか?」

  「島の女」デビュー以来40数枚のレコードを出しているけど、
   一番好きだそうです。  
  
  カラオケと龍雲さんのギター伴奏で
島の女

  CDで聴いていた時はめちゃくちゃド演歌で うぅぅぅって感じでしたが
  生で聴かせてもらった「島の女」 よかったです!
  平さんの声がふっくらやわらかくて、思ったよりも心地よかったです。
  そして、大ヒット曲

バスストップ

  歌謡曲のステージと勝手が違うと平さん。
  こちらも、間奏で拍手、歌い終わらないうちの拍手は
  どうも勝手が違いました。

  平さんが引っ込んで龍雲さん再び登場

崑崙花
お遍路

  島を意識して作った最初の曲 四国のお遍路をテーマに
  作った歌だそうです。

ルリカケス 
  曲を紹介した時の奄美の方の反響はすごかったです。
  やはり自分の故郷を歌った歌であり
  故郷のお母さんを思い出したり
  ふるさとの景色がうかんだり  たまらない歌です

暖簾

  TBS系ドラマ「浅草ふくまる旅館」の挿入歌に
  「今度生まれて来るとしたなら」が起用され
  先週流れたらしい。
    
今度生まれて来るとしたなら
激流


アンコール
   3人で登場
  
   ここでミヤギマモルさんのお名前が出ました。
   ミヤギさんが今度奄美でライブされるので
   貴島くんを紹介したけど、
   僕が電話してもミヤギさんが電話しても 出ない。
   どこにいたのかと聞いたら、
   釣りに出ていたそうです。

   龍雲さん、島唄に挑戦することになったのだけど
   全然自信がなくて、リハーサルでもうまくできなかったと。
   曲を変えよう、「ヤイマ」ならすぐ歌えるよ。
   って言ったけど島唄を歌う約束なので
   却下されてしまいました。

   私が龍雲作品と思いこんで
   一生懸命さがしたことのある「ヤイマ」 を
   龍雲さんの歌でも聞きたかったな。


加那よねんねこ  

   島の子守唄だそうです。
   龍雲さんの島唄チャレンジ がんばりました!

よいすら節   
六調 
  六調の六は 
  唄・三線・お囃子・踊り・指笛・太鼓 の6つだそうです。

  奄美の方たちの踊りを見習って、がんばって踊りました。
  踊りと言えるかどうかは???

曲名、エピソードなど
レモンさん、お友達のレポも参考にさせていただいて書きました。


t2007.11.10.jpg



れもんさんのレポート

素敵な大島紬の衣装で美女RIKKIさんと美男貴島康男くんが
登場されました。
奄美のことばは難しく曲名が聴きとれませんでした。
独特な声の出し方と独特な三線の音の響きを
聴いていると島の方々が語り継がれてきた知恵と愛が
あふれているような感じがしました。
目も耳も美しい奄美の唄に浸りました。

続いて龍雲さんの登場です。
♪うりずんの頃
♪人の四季
♪茜草

 ここで古寺ななえさんをお呼びして
 ピアノ演奏が入ります。

♪想い
♪つまさき坂
♪道標ない旅
♪血の河
 古寺さんが退場されサプライズゲストの
 平浩二さんをお呼びしました。
 龍雲さんの書いた「島の女」の
歌詞の中に‘赤い服’が出てくるので
 赤い服を作ったとおっしゃっていました。

 鮮やかでゴージャスな衣装を
 お召しになられていました。

 カラオケと龍雲さんのギター演奏で平さんが唄いました。
♪島の女 龍雲さんがステージを離れあのヒット曲を
 カラオケで唄いました。
♪バスストップ
 再び龍雲さんがステージに。
 平さんが退場されると
 歌を作るという話しから
 ‘バス停’という歌にしようかなと
 バスを待つ間に バスが行ってしまう~
 と言ったのはおもしろかったですね。

♪崑崙花
♪お遍路
♪ルリカケス
♪暖簾
♪今度生まれて来るとしたなら
♪激流


アンコールではRIKkIさんのアルバムから1曲。
康男くんのアルバムから1曲。
龍雲さんが選曲して島唄に挑戦するとお願いしたそうです。
リハーサルではうまくいかなかったそうですが
そこはおふたりのサポートですばらしい島唄を
披露してくださいました。
最後は六調でにぎやかに終了しました。

六調とは「唄・お囃子・三線・指笛・太鼓・踊り」の
六つのことをいうそうです。


米里さん、実行委員のみなさま、スタッフのみなさま
お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとうございました。



2007-11-10(Sat)
 
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スケジュール
全記事(数)表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
(^_-)-☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。