スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

11月10日(土) 東京芸術センター 天空劇場

奄美・徳之島ちゅ企画
永井龍雲コンサート07

開 場:15:00  開 演:16:00
会 場: 東京芸術センター21F天空劇場
     東京都足立区千住 03-5354-4388
料 金: 全席指定 前売り4.000円 当日券4.500円
発売日: 7月22日(日)
出 演: オープニング唄者 RIKKI 貴島靖男
主 催: 奄美・徳之島ちゅ企画   
     「永井龍雲コンサート07」実行委員会
問合せ: あまみんちゅドットコム事務局 03-5466-7441
     36年関東亀徳会事務局
     米里 0279-96-1264  090-5440-1394



img011.jpg


tennku.jpgtenku.jpg

東京芸術劇場入り口           21F天空劇場入り口

晴れ男(?)龍雲さんのライブというのに朝から雨・・・

北千住の駅を降りて商店街を抜けると、そこだけ異空間のように
近代的な21階建てのビル東京芸術センターがそびえていました。

エレベーターで21階まで昇ると、そこは大きなガラス張りの
展望室になったロビー。
晴れていたらきっと絶景の眺望だったと思います。
雨でもそれなりの風情がありましたけどね。

tennkuu.jpgホールもとてもきれいでした。
ライブハウスもいいけれど、やっぱり龍雲さんには
ホールでやってもらいたなぁ って思います。


このコンサートはタイトルにもあるように、奄美の方たちの
主催による奄美の方たちが集うコンサート。
昨年は、坪山豊さんをはじめ奄美、徳之島の唄者さんたちが
来てくださり、島唄初体験をしました。
そして、龍雲さんもゲストとしてその1枠で歌ってくれましたが
今年は龍雲さんがメインのコンサート。

まずは、奄美から来てくれた貴島康男クン(さんよりもやっぱりクンて呼んでしまいます。)と
RIKKIのステージ。

奄美の島唄は、意味はわからないのに
聴いていてなんとももの哀しい。

メインの龍雲さんの前に盛り上がりすぎてもの
配慮で、手拍子が入る曲も1曲だけと抑えぎみ。
お二人で30分弱唄ってくださいました。

そして、龍雲さん登場。

うりずんの頃
人の四季

  今日は島の唄を中心にやるので「桜桃忌」とかリクエストしないように。
  と最初からクギをさす龍雲さん。
  しませんってば~~(笑)

茜草
  ここで古寺ななえさん登場 ピアノのサポートをしていただきます。
  ななえさんのサポートはこれで4回目。
  古寺さん、都留さんも「フォークの達人」の収録で
  サポートしてくださるそうです。
想い
つまさき坂
道標ない旅
血の河 


  ここでサプライズゲストに平浩二さんを紹介!
  ポスターにも載っているのに どこがサプライズか?
と突っ込んでました。
  そして平浩二さん 上下真っ赤な衣装で登場!
  圧倒されました その赤に。

  龍雲「そんな服どこで売ってるんですか?」
  平 「錦糸町」

  そのやり取りが面白かったです!!
  歌詞の中に「赤い服」と出てくるので赤い服を作ったそうです。
  平さんから曲の依頼があって、「島の女」を作った時に
  「マニアックな唄ですいません」と渡したそうですが、
  平さんも偶然にもご両親が奄美の方でびっくりしたそうです。

  そして、客席を見わたして
  平さん  「僕のコンサートより年齢層が若い!」
  龍雲さん 「これでですか?」

  「島の女」デビュー以来40数枚のレコードを出しているけど、
   一番好きだそうです。  
  
  カラオケと龍雲さんのギター伴奏で
島の女

  CDで聴いていた時はめちゃくちゃド演歌で うぅぅぅって感じでしたが
  生で聴かせてもらった「島の女」 よかったです!
  平さんの声がふっくらやわらかくて、思ったよりも心地よかったです。
  そして、大ヒット曲

バスストップ

  歌謡曲のステージと勝手が違うと平さん。
  こちらも、間奏で拍手、歌い終わらないうちの拍手は
  どうも勝手が違いました。

  平さんが引っ込んで龍雲さん再び登場

崑崙花
お遍路

  島を意識して作った最初の曲 四国のお遍路をテーマに
  作った歌だそうです。

ルリカケス 
  曲を紹介した時の奄美の方の反響はすごかったです。
  やはり自分の故郷を歌った歌であり
  故郷のお母さんを思い出したり
  ふるさとの景色がうかんだり  たまらない歌です

暖簾

  TBS系ドラマ「浅草ふくまる旅館」の挿入歌に
  「今度生まれて来るとしたなら」が起用され
  先週流れたらしい。
    
今度生まれて来るとしたなら
激流


アンコール
   3人で登場
  
   ここでミヤギマモルさんのお名前が出ました。
   ミヤギさんが今度奄美でライブされるので
   貴島くんを紹介したけど、
   僕が電話してもミヤギさんが電話しても 出ない。
   どこにいたのかと聞いたら、
   釣りに出ていたそうです。

   龍雲さん、島唄に挑戦することになったのだけど
   全然自信がなくて、リハーサルでもうまくできなかったと。
   曲を変えよう、「ヤイマ」ならすぐ歌えるよ。
   って言ったけど島唄を歌う約束なので
   却下されてしまいました。

   私が龍雲作品と思いこんで
   一生懸命さがしたことのある「ヤイマ」 を
   龍雲さんの歌でも聞きたかったな。


加那よねんねこ  

   島の子守唄だそうです。
   龍雲さんの島唄チャレンジ がんばりました!

よいすら節   
六調 
  六調の六は 
  唄・三線・お囃子・踊り・指笛・太鼓 の6つだそうです。

  奄美の方たちの踊りを見習って、がんばって踊りました。
  踊りと言えるかどうかは???

曲名、エピソードなど
レモンさん、お友達のレポも参考にさせていただいて書きました。


t2007.11.10.jpg



れもんさんのレポート

素敵な大島紬の衣装で美女RIKKIさんと美男貴島康男くんが
登場されました。
奄美のことばは難しく曲名が聴きとれませんでした。
独特な声の出し方と独特な三線の音の響きを
聴いていると島の方々が語り継がれてきた知恵と愛が
あふれているような感じがしました。
目も耳も美しい奄美の唄に浸りました。

続いて龍雲さんの登場です。
♪うりずんの頃
♪人の四季
♪茜草

 ここで古寺ななえさんをお呼びして
 ピアノ演奏が入ります。

♪想い
♪つまさき坂
♪道標ない旅
♪血の河
 古寺さんが退場されサプライズゲストの
 平浩二さんをお呼びしました。
 龍雲さんの書いた「島の女」の
歌詞の中に‘赤い服’が出てくるので
 赤い服を作ったとおっしゃっていました。

 鮮やかでゴージャスな衣装を
 お召しになられていました。

 カラオケと龍雲さんのギター演奏で平さんが唄いました。
♪島の女 龍雲さんがステージを離れあのヒット曲を
 カラオケで唄いました。
♪バスストップ
 再び龍雲さんがステージに。
 平さんが退場されると
 歌を作るという話しから
 ‘バス停’という歌にしようかなと
 バスを待つ間に バスが行ってしまう~
 と言ったのはおもしろかったですね。

♪崑崙花
♪お遍路
♪ルリカケス
♪暖簾
♪今度生まれて来るとしたなら
♪激流


アンコールではRIKkIさんのアルバムから1曲。
康男くんのアルバムから1曲。
龍雲さんが選曲して島唄に挑戦するとお願いしたそうです。
リハーサルではうまくいかなかったそうですが
そこはおふたりのサポートですばらしい島唄を
披露してくださいました。
最後は六調でにぎやかに終了しました。

六調とは「唄・お囃子・三線・指笛・太鼓・踊り」の
六つのことをいうそうです。


米里さん、実行委員のみなさま、スタッフのみなさま
お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとうございました。



関連記事
2007-11-10(Sat)
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スケジュール
全記事(数)表示
全タイトルを表示
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
(^_-)-☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。